この記事では、危険な化学物質の一例を、なぜそれが問題となるのかと合わせて紹介します。

ホルムアルデヒド

繊維製品や接着剤に使われているホルムアルデヒドは、、皮膚アレルギーなどの健康被害を及ぼす原因になります。

防虫剤に含まれる化学物質

防虫剤に含まれる化学物質の中には、中枢神経に悪影響を及ぼしかねないものもあります。

塩化ビニル

塩ビ管などに用いられている塩化ビニルも人体への悪影響が懸念されている化学物質です。

水酸化ナトリウム

漂白剤などに配合されている水酸化ナトリウムは、皮膚を溶かす化学物質です。

化学物質は様々な種類がありますが、その危険性をきちんと理解して上手に付き合えば、リスクをぐっと低下させることができます。正しい理解で、製品を上手に使いましょう。