ギャンブルで当たりを出した時、ある脳内物質が放出されることが研究により明らかになってきています。興味深いことに、快楽を与える物質と安堵感を与える物質の両方が出ているというのです。

快楽を感じさせるドーパミン

例えば、ジャックポットゲームで大当たりを出したり、金銭を獲得したときなどに、ドーパミンという物質が放出されます。快感や心地よさを感じさせる物質で、これによりギャンブルで当たった時の高揚感や幸福感が生み出されます。

ホッとした気持ちになるβエンドルフィン

また、パチンコをする人を対象とした研究では、パチンコで大当たりすると安心感を生み出すβエンドルフィンという脳内物質が出ていることがわかったということです。
この安堵感も、ギャンブルの楽しさに一役買っています。