“化学は様々な元素記号や方程式などを暗記しなければならない部分があり、実際に実験を通してその現象を確認しても、根拠が理解できないことも少なくありません。そのためなかなか直感的にこれらの現象を説明することは非常に難しいものですが、最近では楽しみながらこれらの仕組みを学ぶことができる方法は注目されています。それはゲームを通して学ぶ方法です。

ゲームは様々な要因が重なりいろいろな変化を起こすところが特徴ですが、その変化は一定の法則に基づいています。さらに複数の要因が入り混じることで様々な変化をすることも化学と共通する面があるため、そのゲームの要素の中に法則を取り入れることで、楽しみながら化学を学ぶことができるのです。

よく利用されるのは、複数の元素を合わせて変化を起こす様子をゲームと同じように再現する方法です。この場合にはそれぞれの元素をプレイヤーに見立て、進んでいく間にいろいろな他の元素と出会うことで自分自身が変化をしていく様子を体験することができる仕組みとなっています。出会う元素の種類は自分で選ぶことができないため、その瞬間に出会った元素との組み合わせで変化する様子を楽しむことができ、さらに進むごとに様々な物質に変化をしていきます。最終的に高いエネルギーを持っているプレイヤーが勝つと言う勝ち負けの要素も取り入れることで、仲間と競いながらいろいろな現象を記憶することができるのです。仲間と競いながらいろいろな現象を記憶することができるのです。

さらにゲームの中で自分が狙った相手と組み合わせを予測することで、自分自身を強くするための作戦を考えることもできます。その際にはゲームの最中で狙う相手の元素と自分の元素との組み合わせで変化する相手の力を予測し、その組み合わせによる強さを意識することで、さらに楽しむことができるゲームとなるのです。

化学の中で最も難しいのは、その元素の記号を覚える事ですが、ゲームの中で楽しみながら覚えていくことでその動機付けができるという点も大きなメリットとなっています。ゲームのキャラクターは比較的覚えやすいものとなっていますが、それぞれの元素をキャラクターに置き換えていくことで、より印象を強くすることができるのもポイントです。不確定な要素を組み込んだ遊びを上手に利用しながら化学の原理を教える事は、学生にとって非常に覚えやすい方法となっており、効率的な授業を行うことも可能となります。”