皆さんは、VRと3Dの違いをご存知でしょうか?最近は身近なところで見かけたり、触れる機会が増えましたが、そもそも違い何なのでしょうか?このページでは3DとVRの定義、そしてそれぞれによって起こる脳内の変化、最近人気のバーチャルリアリティカジノについてご紹介したいと思います。

まず3Dとは、3 dimensionを略したもので「3次元」を意味します。画面越しで見た時に立体感があり、奥行きが感じられる映像になります。よく見かける3D映画や動画などは、2Dと比べた時により立体的な世界観を味わう事が出来ます。

VR・3Dとは

一方でVRとは、Virtual Realityを略したもので「仮想現実」を意味します。視野全体に映像が見えるので、3Dと比べるとより広範囲で立体的に映像を見る事が出来ます。見渡す範囲内全てに映像が反映されるので、その世界にいるような擬似体験を味わう事が出来ます。

VRや3Dと脳内での変化

皆さんは、VRや3Dの映像を見て酔った事がありますか?これはVRや3Dが人間の目と脳内の仕組みを利用して出来ているからなのです。3DやVRでは、左右それぞれに合わせた映像を流し、脳内に反映された時に初めて立体的に見えるような視差を利用して出来ています。

そしてこの時に座ったまま映像を見ると、目に入る視覚的な情報と、体の動きが異なるので脳内で混乱が起こり酔った様な感覚になるという訳です。現在は、この視覚と体の感覚に起こる差を埋めるために様々な開発が行われています。

意外と身近にあるバーチャル

最近は、コンサートや、レストランなど様々なものがバーチャルで楽しめ、すっかり身近な存在となりました。最近ではオンラインで楽しめるバーチャルリアリティカジノというものも流行しています。今までは2D映像が一般的だったビデオスロットゲームも、最近は3Dカジノが主流となりました。より立体的でリアリティのある映像のスロットやカジノゲームが楽しめるバーチャルカジノは今後更に進化していくと言われています。そのうち本場のランドカジノにいる様な気分が味わえるVRカジノも登場するかもしれません!今後のVRや3Dを使ったテクノロジーの展開が楽しみです。

2D と 3D の 違い

アニメやゲームなどで使われることが多い2D と 3D の 違いを明確に理解している人は、そこまで多くないと思われます。2D とは空間の次元が2つであることです。3D の 違いとしては縦と横しかない平面の世界になります。紙などに描いた絵や図は全て2Dに分類されます。3Dは縦と横に加えて奥行きの認識があり、立体などが例です。VR機器でリアルな映像を作りだすことができているのは3Dがあるからになります。奥行きの認識がなければ、リアルな映像を楽しむことができません。

設定において比較して見ていきます。2D設計は点や線などで設計をしていくのに対して、3D設計の立体的な視点を持って行わなければいけないため難易度が高いです。2Dはクオリティの高いものを作ることができる人でも、3Dになると上手く作れない人が結構います。3Dは詳細設計の段階で大きな役割が果たせます。メリットを最大限生かして、体積や質量、重心などの詳細な情報を簡単に求めることが可能です。最初は難しいと感じるかもしれませんが、経験を積んでコツを掴めば、設計において不可欠なものになるので、使えるようになった方が間違いなく良いです。独学でも高いスキルを身につけることができます。