オンラインゲームはプレイヤー同士をつなげて協力・対戦プレイを可能にするだけではありません。時として複雑な問題を解くためのキーとなることもあります。

プレステ3でタンパク質の構造解析に貢献

オンラインでつながったプレイステーション3を利用して、たんぱく質の構造解析をするという大規模なコンピューティングプロジェクトが企画されたことがあります。このプロジェクトは、たんぱく質の折り畳み構造の計算をプレステ3のCPUで処理するという類を見ないものであり、世界中の100万人以上のプレイステーション3ユーザーが参加し、世界的規模の出来事となりました。

このように、オンラインゲームが問題解決に発展するケースはいくつかあります。今後も大きな問題を解決するための足掛かりになるかもしれません。